FC2ブログ
今年も行ってきました。

たかさき絵本フェスティバル

2017012815130000.jpg


今回は、娘たちとバスに乗って会場まで。


原画はもちろん、
出版社の方を招いてのギャラリートークを聴くのも楽しかった。

また、新潟から足を運んでくれた絵本講師のお仲間と久しぶりに再会できたのも、嬉しかったなぁ。
お昼をご一緒し、
講師業のこと、
子育てのこと、
美味しいもののこと…

短い時間だったけれど、お互いの近況を交えて色々お話できました。
娘たちも、楽しかった様子☆



さて、本題に戻って…
今回特に、一番私が面白いと思ったのは、
加古里子さんのこちらの絵本。



『こどものとも』60周年を記念して出版された絵巻じたての絵本。
折りたたまれたページをひろげると約7メートル。源流から海までの川の旅が一望できます。

山奥で生まれ、

山あいを下り、

平野を流れて、

最後は海へ…。



長い長い川の旅を娘たちと一緒に指でなぞってゆきました。





「こどものとも」1966年発刊のこちらと比較してみるのも楽しい。



暖かくなったら、休日に、川に沿って歩いてみようかなぁ。




娘たちが気に入ったのはこちら。

『だるまちゃん』50周年を記念して出版されました。

全国の郷土玩具が登場する「いろはすごろく」と、
47都道府県をめぐる「お国めぐりすごろく」。

裏表2種類のすごろくで遊ぶことができるのがウレシイ!



購入した日から連日、夕食後は家族ですごろくが続いています。
だるまちゃんすごろく1

いつまで続くかな?




このすごろく、面白いのだけど…
ぐんまは、1かいやすみになっているのが残念。

だるまちゃんすごろく2
ぶんぶくちゃがまの釜でお茶を飲み過ぎたから1回やすみなんですって。




今度、娘たちのお友達が来たら誘って遊んでみよう☆
スポンサーサイト



2017.01.31 Tue l イベントに行ってきたよ l コメント (0) トラックバック (0) l top
昔から、他人のおうちの本棚を見ているのが好きです。

お友達の部屋に通されたら、まず目がいっちゃうのは…

本棚(笑)!



本棚は、その人となりを表す格好のツールだと思います。


本棚はその人の
興味

関心

過去

現在

未来

を映す鏡なんじゃないかな?



そんな私がこの度、週一回住まいを開いて、
ちいさなちいさなおうち図書館を始めることにしました。


名づけて、
まちライブラリー@ひだまり文庫


まちライブラリー1



本棚に人が集い、

本を通して自分を表現し、

交流する



という
主旨に共感し、お仲間に入れて頂きました。

詳しくはコチラ
   ↓
まちライブラリー



なんと群馬県内初!!



気づいたら700冊を超えていた絵本や児童書を中心に、
子育て、料理、エッセイなど取り揃えて、お客様のお越しをお待ちしています。
(娘たちにも思い入れのある本が多いので、当面は閲覧のみです。)

毎週月曜日の13時~17時まで。





増えていく絵本を見つめながら、
娘たちと一緒に絵本を読みながら…ずっと思っていました。


この絵本を我が家だけで楽しんでいていいのかなぁ?って。

我が家だけ読めればいいのかなぁ?って。

我が家だけ満ち足りれば、他は本当に関係ないのかなぁ?って。




ご近所の人にあいさつはするけれど、
地域の行事には参加しているけれど、
その人がどんなお仕事をしている(していた)のか知らないなぁ~って。

どんな経験を積んできた人なのか知らないなぁ~って。


何に興味をもっている人なのか知らないなぁ~って。




まぁ、知らなくても生きてゆけるけれど、
そのほうがある意味気楽かもしれないけれど…



でも、少し寂しいなぁって。



気が向けば、読み聞かせもします。
絵本と子育てについて質問があれば、真剣にお答えします。

が、


まずは本を手にとってみて。
ページをめくってみて。
のんびりしていって。



お茶くらいお出ししますよ(笑)!





”住み開き”って、ずっと気になっていました。


でも、
こだわったオシャレな家じゃないし、
日々の生活が否応なく見えてしまうのも正直、抵抗がありました…。


そんな私の気持ちに風穴を開けてくれたのは、近所に住む娘たちの同級生たち(なぜかみんな男の子!)。
突風並の強い風!
毎日のように、放課後遊びに来るわ来るわ(笑)!


おじゃましま~す!!
とか、
ただいまぁ~!?

とか言いながら(汗)。




まぁ、絵本にはあまり興味がなさそうだけど(笑)、

子ども同士で
一緒に割りばし鉄砲作ったり、

ジェンガやったり、

ゲームで遊んだり、

鬼ごっこしたり…。


ハムスターの公くんにもすっかり慣れ、時にはお世話をお願いすることも。



週末に蒸しパンを作った際には、
”虫の入ったパン?”と真顔で聞かれるなど、ドタバタの日々の中で、
何かが私の中ではじけました!!


なんだ、もう私、住み開いているじゃん!!
特別なものなんて何もないけど、
行きたいと思って、来てくれる人がいれば、
それでいいんだ!



彼らが来て、くつろぎながら何気なく話すそれぞれのおうちのこと、
学校のこと、自分のこと…。

娘たちはもちろん、私にとっても、
心地よい新しい風となっています。



○○くん、△△くん、☆☆くん、♡♡くん、
深い考えなく、来てくれているのはわかっているよ。
でも、感謝しています。
ありがとう。
(男の子のいる生活に慣れていない私には、時折ビックリさせられることもあるけれどね
2017020111090000.jpg
く・つ・そ・ろ・え・る!!





あかおにが立札を立てた気持ちって、今の私と同じ気持ちだったのかな?

こころの やさしい おにのうちです。
どなたでも おいでください。
おいしい おかしも ございます。
おちゃも、 わかして ございます。
              
                あかおに

(『ないた あかおに』ぶん:はまだ ひろすけ  え:いけだ たつお 偕成社 より引用)





でも、
私のちいさなちいさなおうち図書館にお越しの際には、事前にメールにてご連絡をお願いしています。
ご連絡頂けた方に、詳しい住所をご連絡します。
satojun0911@docomo.ne.jp



開館日には立て札くらい出そうかな?
貸出可能な、本棚も作りたいな?



家族を上手に巻き込んで、ゆっくりと、楽しみながら始動します。
2017.01.26 Thu l まちライブラリー@ひだまり文庫 l コメント (0) トラックバック (0) l top
今年の小学校読み聞かせは1年生から。



読み初めはこの絵本。



なんでも”しりとり”に並んでないと気がすまない
しりとりの大好きな王様のお話。



絵を見ながら、子どもたちと一緒にしりとり遊びをするのが楽しいな。



夕食もしりとりの順番に出さなくては気が済まないなんて…。
サンドイッチ


ちくわ


わかめ


めだまやき


きのこ


ココア


アスパラ





ハチャメチャな夕食メニューのような気もするけれど(笑)!
家来って大変なのね。



裏表紙の絵を見せた時の、子どもたちの”ホッ”とした表情…
おうさま、良かったね☆






続いては、先週末に降った雪に想いをはせながら。


雪の美しさ、不思議さ…。



じいっと絵本を見つめる眼差し。




ふしぎだね

だれがきめたの このかたち


(文中より引用)

のところで、




かみさま




ってつぶやく子どもたちの姿に、思わず鳥肌が。



先生も”思わず見入っちゃいました”ですって。



また雪が降るかな?



この時期に必ず手に取りたくなる一冊です。





来月はどんな絵本を読もうかな?
2017.01.21 Sat l 小学校 読み聞かせ l コメント (0) トラックバック (0) l top
昨夜、娘たちと一緒に読んだ絵本。




寝る前に、
”今日はこれがいい”
と次女のもも(仮名)が歯磨き片手に持ってきた絵本。

いいね!
久しぶりだね!
今日はそんな気分だね。




布団に入って、絵本を一緒に読んだあと、
早速2枚のピザを作って、焼きましたよ(笑)。



こねて、
のばして、
空中でとばして、(いつもできないケド)
油や小麦粉をふりかけて、
具をのせて、


くすぐって、


オーブンで焼いたら…

あつあつのピザのできあがり!




あっ、そうそう、
切り分けることも忘れずに。






絵本は色々あるけれど、
大きく2つに分けられると思います。

おうち絵本

おそと絵本



親子一緒に読んだり、ひとりで楽しんだり…文字通りおうちで読むのに向いている絵本がおうち絵本。
学校や図書館など、多くの人たちに向けて読むのに向いている絵本がおそと絵本。



この絵本は、今の我が家のおうち絵本のNo.1になっているかもしれません。



しつもん

もし だれかが
ご機嫌ななめ
だったら どうする?


こたえ

そんなの かんたん!
いま すぐ
ピッツアに
しちゃうのさ!

(文中より引用)

もちピザ
娘たちのお友達がたくさん来たので、余ったおもちを使って、もちピザを作りました。
おもち9切れ。
ピザにして3枚。
男の子たちが多いから?
またたく間にお皿が空いてゆきますっ。

撮影に気付いた時には、もはやこれだけ(笑)!
2017.01.15 Sun l 子どもと絵本 l コメント (0) トラックバック (0) l top
新年最初の”絵本の森”へ。
今月のテーマは、”とりの絵本”。

とり年だもんね。

いつもながら、遅れて席につくと、傍には林明子さんの絵本に出てくるような女の子が。
かわいらしいお客様をお招きし、新年らしく、温かで和やかな雰囲気の中で勉強会のスタートです。


”とりの本”と聞いて最初に頭に浮かんだのは、この絵本。


先輩方と一緒に歌いました。
ととけっこう よがあけた
○○ちゃん  おきてきな


娘たちの名前に入れ替えて、朝、起こした頃もあったなあ。



娘たちが1~2歳の頃、一緒によく読んだ絵本。
何度も繰り返し読んだためか、見開き部分がボロボロです。







絵が好きになれなかったのに、読んでみたら中身の深さに驚いて、好きになった絵本。
今も読み返す度に、考えさせられます。
配本サービスのお蔭で出会えた一冊。




これも私の大好きな一冊。
毎回のように小学校で読んでみたいと思うけれど、”長いかなぁ~??”と、まだ一度も読んでいません。

”大丈夫よ。テンポの良いお話だし、ストーリーも面白いから、低学年でもよく聞いてくれるよ。
案外読めちゃうよ。”
という先輩のお話に、チャレンジしてみたくなりました。





最近の私のお子に入りの絵本もご紹介。




最近は、感受性の強い(と言われる?!)娘たちと主人公をつい重ねて読んでしまいます。
私は彼女たちの強さ、良さを認め続けてゆけるんだろうか?

迷いながらでも、いつか彼女たちの花が咲く日を信じて、
彼女たちの良さを認め、励まし、支えられる親でありたいと改めて思います。

そして同時に、良き人との出会いの大切さを実感する一冊です。


もしかしたら、私の周りには多くの”からすたろう”がいるのかもしれません。
私はその子たちにいそべ先生のような眼差しを向けることができているんだろうか?
彼らの頑張りを真にわかっているんだろうか?


温かく見守る気持ち、
個性を大切に、その子自身を受け容れる、受け止める広い心…。

わかっているけれど、難しい。
でも、信じてゆきたい。

読むたびに心揺さぶられる一冊です。




先輩方から紹介され、今回も”読んでみたい”と思った絵本がありました。




大好きな佐々木マキさんも、”とりの絵本”を出していたんだな。



まさに、
色とりどり、とり尽くし
の新年最初の勉強会となりました。


今年も良き出会いがありますように。
そして多くの絵本と出合えますように。
2017.01.14 Sat l 絵本の森 l コメント (0) トラックバック (0) l top
あけましておめでとうございます。

年が明けて早や7日。

このお休み中、
大切な人と深く話したり、
ゆっくり本を読んだり、
考えたり、
大声で笑ったり

できる時間がとれました。



今年は私はどんな年にしたいかな?
どんな風に生きたいかな?


自然と、そんなことを思えました。


今年私は、
子どもの成長を信じ、支えながらも、自分の人生を歩む
そんな1年にしたいと思います。




自分の人生…

私の場合はやっぱり、
絵本(本)と人を繋ぐこと、繋がることに関心は集結しちゃうなぁ。

それから、
私の基盤(両親、家族)を深く見つめ、より良い関係を築いていくこと。
そのためには、もっと私が素直になること。


そう考えると、できることが…沢山ありそうです。





学校に通えなくなった娘たちのことはもちろん心配しています。
でも、だからと言って、子どもの人生と私(親)の人生を一緒にしてはいけない。
彼女たちが困っている時、助けを必要としている時は全力で支えたい。
それは今も変わらないけれど、
私(親・大人)がまずは自分の人生を愛しながら生きることが大切なのかな?って思うのです。


周りの人と繋がりながら、
泣いたり、
笑ったりしながら、
失敗しながら、
時にはへこみながら、
でも、希望をもって生きてゆく

そんな風に生きたいなって。

そして、その姿を見て彼女たちが何かを感じてくれたら、それはそれで嬉しいって。



それと、今年は絶対に寄席デビューをしてみたい!
昨年からハマってTVで観ています。(超入門!落語THE MOVIE



今年も、このかなりゆっくり更新(遅すぎるだろ!!…ってひとりツッコミ)なブログにお付き合い頂けますとうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。


干支だるま(酉)
元日に干支ダルマを買いました。願いを込めて片目を入れないとね。
2017.01.07 Sat l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top