FC2ブログ
ママ、見て!

ママ、見てて~


私の傍らで娘たちが遊んでいる時、よく掛けられる言葉。


時には全く別の部屋にいる私のところに遊び道具全部を引っさげて来て言う。

ママ、見て!

ママ、見てて~



正直ちょっとウザイ時もあるけれど、でもやっぱりそんな娘たちがカワイイ(親バカです


でも、私、ちゃんと彼女たちのこと見ているかな?
見れているかな?


子どもたちをよく見たい
見つめたい


そう思ってきたけれど

ここ数か月”見てこれたのか”少し自信がない。

週3日仕事を始めてここ数か月、朝はもちろん、帰宅後も時間に追われてしまっていた私。
(週3日でこれなんだから、フルタイムで働いているお母さんはスゴイ!


いつものように

見て!
見てて!


と娘たちに声を掛けられても、

ちょっと待ってて

これが終わったらね




とりあえずの返事

を繰り返し、

結局見てあげられずに終わったこともしばしば…


この数か月、
眠る前に娘たちと開く絵本の時間が今まで以上に幸せな時間に感じたのはそんな背景のせいなのだろうか?

今までと同じように、歯磨きが終わった順に読みたい本を選び、抱えながら寝室へ。

一人ずつ順番に私の膝の上に乗って絵本を読む。

前は私の隣に座ることが多かったのに、最近お膝争奪戦が復活したのも、

くっつきたい

触れていたい

安心したい


キモチの表れなのかな?


今日一日、ママもパパも頑張った。
でも、
子どもたちも今日一日を頑張っているんだよね

恐らく、私が思っている以上に、
親の(私の)状況をよ~く見ている。
見つめている。


そして

小さな身体と頭で色々感じて考えている。


私は娘たちが見つめる眼差しに耐えうる生き方ができているのだろうか?


何かの本で読んだけれど、
子どもは大好きな人に見てもらえていると感じられることで、安心して自分を発揮できるのだそう。


それは多分、大人も同じ。

視線を感じるのはちょっと恥ずかしいけれど、
でも
嬉しい

頑張れる力になる


子どもの成長につれて、そのうち

見ないで~
来ないで~


って言われる日が来るのだろう。


その日が来るまで、
いや、
その日が来ても


私は子どもたちを
見たい
見つめたい


自分自身の生きざまを見つめる姿勢も忘れずに







スポンサーサイト



2014.01.04 Sat l 未分類 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

No title
「ママみてて~」とウチの娘も家で連発します。
なかなかみていてあげられないのが実情です。。。少し前に「パパやおばあちゃんたちは聞いてくれるのにママは聞いてくれない!」と泣きながらに訴えられたときには自分自身を深く反省。。。「みないで~」といわれる前に、少しの手を止めてみてあげないと、ですね!
でもね、気持ちすご~くわかります!
2014.01.09 Thu l そらママ. URL l 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.01.11 Sat l . l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://ehonbiyori949.blog.fc2.com/tb.php/31-20c6ea82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)